会社案内

Company Profile

HOME / 代表あいさつ

代表あいさつ

代表取締役社長 塚本隆文

代表取締役社長 塚本隆文

町の相談薬局として産声を上げ、令和元年、「株式会社せいき」は創立50周年を迎えました。そして、令和2年6月、私が3代目の代表取締役社長に就任しました。創業以来、私たちは「地域から求められ、役立つこと」を常に考え、その提供に力を注いできました。

当初は、医薬品、日用必需品の供給・販売、そして、健康相談が主な業務でした。高度成長期を経て私たちの生活はずいぶん豊かになりましたが、やがてバブルがはじけると、モノが生活を豊かにする時代は急速に終わりを告げます。高齢化が進み、薬局のお客様の中にも老夫婦・独居老人世帯が増えてきました。モノはいっぱいあるのに、生活の質(Quality Of Life)は確実に低下しています。

代表取締役社長 塚本隆文

「求められ、役立つこと」を実践するには、薬局の枠を超えなければなりませんでした。

折しも介護保険法が施行されることになり、創業時からの相談薬局をベースに、ヘルパー派遣サービス、ケアプランセンター、福祉用具レンタル・販売事業所、デイサービスセンターを開設することになりました。さらに、独居・老々介護問題にはサービス付き高齢者向け住宅を、認知症にはグループホームを、そして、ご自宅でのお看取りには訪問看護ステーション、定期巡回サービスを、求められるがままに開設してまいりました。

令和の時代を迎え、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達する「2025年問題」が取り沙汰されています。国は、その処方せんとして、「※地域包括ケアシステム」の構築を提案しています。

※地域包括ケアシステムは、国が2025年を目途に、要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるように地域内で助け合う体制のことです。

2025年はもうすぐそこまできています。私たちの住む地域では、私たちの持つサービスを利用して「地域包括ケアシステム」を構築することができます。そしてさらに、(高齢者に限らず)あらゆる世代が共存する豊かな未来を創造するためのインフラ作りに貢献してゆきたいと考えています。

専務取締役 生駒憲司

代表取締役社長 生駒憲司

「地域密着企業」の原点を見つめて

薬剤師の原点は何か? 薬局の原点は何か? 患者様や地域のためになる事とは? 医療、介護はどうあるべきか? 創業以来半世紀、私が入社してからでも30年以上、常に原点を見つめて、試行錯誤しています。昨今「かかりつけ薬局」と言う言葉が急に使われ出していますが、本来薬局とはそういうものであり、究極の地域密着モデルです。また「地域包括ケアシステム」においては「医」と「薬」は医薬分業よりも「医」と「薬」が協業することで医師、患者、しいては地域に大きなメリットをもたらします。

今現在、私達株式会社せいきは薬局のみならず地域において「医療」「介護」「健康長寿(介護予防)」「生活支援」の4つの柱を立て、医療系,介護系の様々な資格を持った者たちが、社内で、そして地域で連携しながら切磋琢磨しています。

今後益々多様化する世の中において常に地域から求められ、頼られる存在であるために、いくつの柱が立つのか? 原点を見つめた時、そこにある本来の姿や理想の姿に近づける環境のある企業であると確信しております。